• うずらカステーラ

    うずらカステーラ

  • 人形焼 黒あん 顔形

    人形焼 黒あん 顔形

  • 人形焼 白あん つぼ形

    人形焼 白あん つぼ形

商品一覧を見る

120年 人形焼に心意気を込めて。紀文堂は創業明治23年。120年間守り続けた老舗の味をベースに、時代に合った甘さを加えた、名物人形焼や瓦せんべいが人気です。

今月の浅草観光情報

5月・6月 お富士様の植木市

毎年5月31日・6月1日が祭日で、富士山の山開きが6月1日に当たります。その富士詣りの出来ない人々のために、土地の浅間神社に参詣したものです。
従って当初は垢離をとって身を浄め、白衣のかたびらを着て未明から詣でたものでした。最近は影もみえなくなった、麦わら細工の蛇は宝永年間に駒込の百姓喜八という者が、夢告により疫病除、水あたり除のお守りとしてひろめてから流行し浅草にも出るようになった。
このお富士さんは、浅草神社のお末社として今では、浅草5丁目(浅草警察署斜め前)にある。この日に開かれる植木市は明治の中期から始められたという。夏を告げる風物詩として、下町情緒豊かなものであります。
しかし、平成7年(1995年)より交通事情、警備の都合で5月の最終(土)・(日)と6月の最終(土)・(日)に開催されるようになりました。お富士様の植木市を謡った小唄が次のようにあります。
「よみながす、フミはうず巻くひざまはり、ウラみの文字のかずかずが、からみつくかとおそろしい、ヂャになれ蛇になれ麦わらの、浅草富士の宵まり、降らざ晴れまい、空もよう」

  • ご挨拶
  • ご購入の流れ